動いて抜けそうな床を予算をかけずに修理。

玄関ホールの床が歩くたびにフカフカ抜けそうな状態でしたが予算をかけないで、床直し。

問題となるのは床下の換気なのですが、今回は骨組みまではやられていないようなので現在のフロアーはそのままに、フロアーを上から張る方法です。

とあるお客様のお家では、外から見える床下換気口がある部分を知らずに知らずにモノを置き、塞いでいるケースがありました。床下換気口があるお家は開けてた方がいいですよ~。寒いから閉めると言う方もいましたが春になっても開け忘れるケースもあります。ご注意を~

床下は見えないけれど、重要なのです。

(施工前)床が抜けそうな状態でしたが、予算をあまりかけたくないと。化粧のあがり框を施工しフロアーのみを張りました。床下の空気の流れの問題点は風を流す事(解決させて施工済です)

施工終了後です。

キレイに変わります。抜け落ちるとケガするので、こんな方法もありますの例でした。

リフォームに関するアレコレ

リフォーム施工事例

住まいを活かすリフォーム 施工事例を紹介しています。

はじめての家づくり

  • はじめての家づくりで一番重要なこと
  • かしこい主婦の家計やりくり術
  • 同じ予算でいい家を建てるコツ

山形の家づくり

土地選びのコツ

住まいるドクター

木になる出来事マル秘ブログ

お問い合わせ

無料冊子進呈中!

S・Sホーム

置賜産の木でつくる家

トップへ戻る
お問い合わせはこちら