雨どいの交換。&雨水による思わぬ被害の参考例

雨樋交換しました。写真は雨どい交換後です。

雪の重みで負けて変形してしまった雨どいはで伸びてしまうと機能しなくなります。

たとえば機能しなくなった雨樋を放っておくと、下に参考を並べておりますが、思わぬ事態が発生してる事があります。水の流れに注意です。

ぼたぼたと落ちる雨水にも注意しましょう。

写真は施工前です。

壊れたままにしておくと(変に雨どいを残すなど)しておくと思わぬような所に被害がおよんでいる事があるので注意が必要です。

雨樋を通らず漏れた水がバルコニーの張りだした部分に当たり、水は低い方へと流れて行き溜まった水は外壁に浸透! 外壁が朽ちてしまっています。さらに剥がしてみると、グショグショに濡れている状態でした。濡れたままにしておくと木も腐れます。(参考→)

機能しなくなった雨樋を飛び越えた雨水が、下に落ち雨水の勢いが止まらずに跳ね返って壁にあたり・・・長年ほっといた事で外壁がやられ、中の土台まで浸透し土台が腐っていた所もありました。

別の現場です。外壁が変色し浸透した雨水は。内壁と外壁を残し下地だけを腐らせている事も。見える部分が無事でも中が酷いこともあります。

リフォームに関するアレコレ

リフォーム施工事例

住まいを活かすリフォーム 施工事例を紹介しています。

はじめての家づくり

  • はじめての家づくりで一番重要なこと
  • かしこい主婦の家計やりくり術
  • 同じ予算でいい家を建てるコツ

山形の家づくり

土地選びのコツ

住まいるドクター

木になる出来事マル秘ブログ

お問い合わせ

無料冊子進呈中!

S・Sホーム

置賜産の木でつくる家

トップへ戻る
お問い合わせはこちら