あまり見たくないけど、シロアリってなんだ?

シロアリは、アリと言いますがアリではなく…かわいくない方の蟻で、ゴキブリ科です。

木を食べると言う、ありがたくない生き物です。食べているときは音も立てずにムシャムシャと美味しい所を食べていきます。美味しいんでしょうか?

被害にあわないためには、考えさせられる色々な現場を見てきましたので。参考になればとも思います。

白蟻は、家には不要!退治せねば~

本棚の扉の枠から出てきたシロアリ。扉を開け閉めしているとき、突然扉が外れてきたそうです。シロアリは静かにお食事します。シロアリは土台を食べるとは限りません。

とくに、湿気のある所を好むのですが、一か所食べられると、湿気のない所でも食べ回ります。怖いですね。水漏れしてそうな所は、特に怖いですが。蓋を開けてみないと状況がわからないこともあります。

外回りの基礎部分に、こんな砂の塊見つけたら注意。蟻道です。外回りに限りませんが、隙間を狙って出てる事も。家の周りに木などを置いたり、雪囲い材等も置き方にも注意です。

土台と思いきやコチラは柱の部分だったモノで、やられた柱の断面です。土台を食べ徐々に食べる範囲が広がり2階まで行くなんてこともあります。表面薄皮一枚残すように食べてるの見えますでしょうか?

床下収納庫周辺に蟻道を発見した時の写真です。基礎を伝って上がってきてます。基礎地面に木の板を置いて置いたのも原因

←左写真の収納庫部分だった周りの土台などは食い荒らされていました。

硬い材質の土台とみられるモノもこの通り…こんな迷惑な害虫いらないですよね。

こちらが、柱が食べられて2階に上がっている状態の写真、壁を剥がさないと状況が見えないから怖い。

羽アリが大量発生した現場です。シロアリと共に突然出てきたそうです。ある現場ではお風呂の窓にびっしりシロアリがついていたとかと言う現場の話も…

左写真の上部分です、カウンターテーブルの角からも出ました、よく見ると黒い線のように見えるところが、食われて黒く見えます。白アリは白いですが、羽アリは黒いです。

こちらは物置小屋からモノを動かしてみたら床板部分にいました。

空気の動かない湿気の多い場所でした。土にも近い事も寄ってきた原因。

大きさは、ほとんど一般的に皆さんが見たことのあるクロ蟻と同じ大きさ。米粒くらいです。集団で動いています。いるとはわかっていても、木の中が真っ白bな時には見たときに生息している多さに声をあげてしまうこともありますが・・・

家の近くに植えた木が原因の被害。なぜ木なのか、「屋根からの雨水が茂った葉に当たり壁にかえる→壁を浸透するまでグシャグシャに濡れ、乾く事もなく蟻の巣に。

左の写真の拡大です。真ん中より、ちょっと下のあたりにいます。変にまっくろでチョコ色しているのは木ですが、普通に無事な住宅はコンナ変色しません。

家の周りに木を寝かせていたり、立てていませんか?立てている木は、根本が食われている可能性が、寝かせている木は地べたに直接置いたり、建物とくっつけたりしない方が得策です。

これは、木杭の写真。

手が見える部分まで、40㎝くらいですが家の周りの土部分に刺さっていました。刺さっていた部分はもうスカスカ!

こうなると、木ではなくぺらぺらの紙…紙よりも酷い。

いやなものを見た後は、目に癒しを。

桜でも見てください。(^^)/

もし、家の周りで気になることがありましたら、現実逃避しないでお早めに対処いましょう。

リフォームに関するアレコレ

リフォーム施工事例

住まいを活かすリフォーム 施工事例を紹介しています。

はじめての家づくり

  • はじめての家づくりで一番重要なこと
  • かしこい主婦の家計やりくり術
  • 同じ予算でいい家を建てるコツ

山形の家づくり

土地選びのコツ

住まいるドクター

木になる出来事マル秘ブログ

お問い合わせ

無料冊子進呈中!

S・Sホーム

置賜産の木でつくる家

トップへ戻る
お問い合わせはこちら