冬季のために雪切製作施工、屋根の冬対策

屋根の雪が棟部分でくっついて落ちにくくなることを改善する屋根の棟部のつくり。

雪切です。主に、自然落雪の屋根形状に最近見かけます。

屋根の雪を切って落ちやすく

沢山雪が降った場合、高い部分で雪がお互いくっつくと、雪が落ちにくい事を何とかしようと言う対策

雪が沢山降らない、雪を屋根にあげて置く方の場合は必要じゃないですが、米沢ですと…ね~。
自然落雪の屋根は備えておくと便利。

切れた雪は、自然な重力で下に落ちます。下の雪を片付けるだけですが、片付ける際には雪が頭に落ちてこないように注意しながら片付けましょう。

天井裏の空気を逃がすタイプの雪切も制作。全面に空気が抜ける穴を付けて、側面に換気フードを取り付けてみました。

リフォームに関するアレコレ

リフォーム施工事例

住まいを活かすリフォーム 施工事例を紹介しています。

はじめての家づくり

  • はじめての家づくりで一番重要なこと
  • かしこい主婦の家計やりくり術
  • 同じ予算でいい家を建てるコツ

山形の家づくり

土地選びのコツ

住まいるドクター

木になる出来事マル秘ブログ

お問い合わせ

無料冊子進呈中!

S・Sホーム

置賜産の木でつくる家

トップへ戻る
お問い合わせはこちら