身体を支える補助、手すり取り付け、介助・介護

手すりの必要性は、健康な時には必要としませんが、想像したくはないですが、変なきっかけで必要になる時が来るかもしれません。そんな時には手すりを取り付けて、体を支えて守ろう。

手すりは、必要になったとき体を支える補助の為

手すり取り付け前です。

以前は必要とはしなかった手すりでしたが、体の具合にも対応しなければなりません。

手すり取り付け後。

階段を上がる際に転ばぬように手すりを設置。

段差がある所や立ち座りする所等がメインです。

お風呂に。使いやすい高さや握りやすい部分を配慮して取り付け。介護スタッフに取り付け位置、場所なども事前に家族や私達と相談

お風呂の床がタイルで滑りやすい点をふまえ檜のスノコ板を設置

玄関の立ち座りする場所やトイレなどにも、不要な場所には取り付けません。逆に邪魔になるので。

リフォームに関するアレコレ

リフォーム施工事例

住まいを活かすリフォーム 施工事例を紹介しています。

はじめての家づくり

  • はじめての家づくりで一番重要なこと
  • かしこい主婦の家計やりくり術
  • 同じ予算でいい家を建てるコツ

山形の家づくり

土地選びのコツ

住まいるドクター

木になる出来事マル秘ブログ

お問い合わせ

無料冊子進呈中!

S・Sホーム

置賜産の木でつくる家

トップへ戻る
お問い合わせはこちら