太陽光発電パネル

脱原発 太陽光発電 ショールームにて季節問わず発電実演中

まず、初めに当社が太陽光を推薦してなかった理由です
太陽光発電設備は、以前から沢山ありましたが、
 家づくりをしている私達にとって大きな問題がありました。
それで、太陽光パネルをお客様にお勧めできない理由が 多くあり中々前に進めていませんでした。
問題は、どこに太陽光パネルを設置するか?です。
 設置場所については、メガソーラー(大口太陽光発電)以外は、
ほとんど屋根に設置しています。
 利点は、空いていて設置しやすい屋根の有効利用という事です。
特に南向きの屋根は太陽光には発電効率が良いと云われますが、
…しかし屋根に設置については、数多くのリスクが伴う事が考えられます。
太陽光パネルの取付はは風・台風などで飛ばされぬように屋根のトタンの上からビス又はスクリューボルト等で直接止めます。(屋根に穴を開けると言う事です)・・・・・・
取り付けの際に、防水対策はしているとは云えども、穴を開けた事には変わりはないのです・・・いずれ防水が切れます!
 例えば 家の外壁部分でも目地のコーキング(防水処理した部分)が切れている所見た事ないですか? …5~6年では切れませんが、切れれば、雨水が入ってきます。
  だからコーキングの打ち直し時期になります。 その話で行けば、屋根の設置そして防水コーキングが切れた時 怖いですね。
また、トタン屋根もスグにではないものの傷んできます。
大げさな事を云うようですが、修理には、設備をとりはずして、腐れた所を交換して、塗装するか、トタン貼替えするかをして再度取り付ける事になりますよね?
  
そんな事を考えると大げさに考えても、屋根設置には、リスクがあるな~と感じていました。

太陽光発電実験、実演

東日本大震災の原発事故以来、再生エネルギーが注目され、中でも太陽光が最も進んでいると思います。

そこで、宍戸建設も、重い腰を上げてみました。

お客様にお勧めする前に、当社で実験です。

太陽光発電で得た余ったエネルギー、蓄電を考えねば!

◎当社の太陽光発電設備 設置の考え方ですが、一応参考まで。
*太陽光の発電効率が良くても屋根への設置はリスクが伴う為、当社からはお勧めはしていませんが現在のパネルはメーカーさんによる研究進化しているので。屋根設置 希望の方は、相談下さい
*屋根ではない、庭を含め屋外設置は。雨漏り等の建物のリスクなど心配は関係無し。
*東面は日照時間が短いようです。
*壁に設置する事で、発電効率が落ちると云われますが、吹雪でない限り、パネルが塞がれる事はありませんので、365日発電します。ただし
屋根設置はパネルに雪が積もれば発電しません。少しでもパネルに影が入ったり曇ると効率落ちます
パネルに対して太陽光が直角に当たると効率よいとも言われているようです。
だだ、太陽光発電のエネルギーは素晴らしいです。

色々と、やっています

右の写真は、わずか10枚のパネルですが、2013年12月17日から稼働しています。
 10枚での発電は最高2.4キロです 一般的な曇の日でも、冬期間の曇り空でも発電します。
 瞬間ですが 2.6キロを見た事もあります・・・(写真撮ろうと構えてましたが・・・むずかしい)
 室内でモニターにより
「今、どのくらい発電して、どのくらいの電気を使用していて、どのくらい電気を売っているか」を
確認出来るモニターがあります。
 冬季にも関わらず売電していると…嬉しいものです。
ただ雪国なので、雪が付いてると発電量は落ちますが 雪は自然と落ちます。
2014年、上の写真とは違う場所であるショールームの南壁面に
屋根と壁設置の違いを実験する為 さらに10枚取付けました。
パネル取り付け前に日差しを写真で撮りました。
10枚づつ設置した事により、ショールーム前に設置したパネルと壁に設置した場合の発電量の違いを比較できるようになりました。
発電量のデーターを毎日 記録付けています。

簡単な結果として、現在の当社ショールームの電気を太陽光パネルのみで、ショールーム(事務所)の電気は太陽の光のだけで、電力さんから電気を買う事なく十二分に間に合っている状態にあります。

更に→右の写真は2016年に自宅に20枚追加しました。前回取り付けている太陽光発電量のパワーに、もっと得を得ようと思ったわけではございませんが、パネルの角度を動かせるようにしてみました。

 興味ある方は状況をお見せできます。

東北電力様に、売ることが出来た電気量を見たい方はいるでしょうか?(見たいと言ってね・・・)

宍戸建設の色んな場所の紹介

太陽光パネルも家づくりの事もショールーム

家づくりの事、すべて納得できるショールームです。

はじめての家づくり

  • はじめての家づくりで一番重要なこと
  • かしこい主婦の家計やりくり術
  • 同じ予算でいい家を建てるコツ

山形の家づくり

土地選びのコツ

住まいるドクター

木になる出来事マル秘ブログ

お問い合わせ

無料冊子進呈中!

S・Sホーム

置賜産の木でつくる家

トップへ戻る
お問い合わせはこちら