リフォーム 地域密着、置賜の工務店

置賜住まいリフォーム(増築・改築・減築・修理・修繕・点検・相談)

住み慣れた家、大切な我が家…しかし建物も年はとってしまいます。いつの間にか痛みが出ている事もあります。気づかずに生活している事も結構あります。なので、少しだけ住まいを見直してみましょう。
 
毎日の生活の中で「いつもと何か違う」とか「不快感」を感じたら家の危険信号のサインかもしれません。そんな時は迷わずご連絡ください。
相談するだけで、話をするだけで解決する事だって多々あります。
ですから、どんなに些細な事でも小さな事でも気にして下さい。
(右の写真のお客様の家は、商売をお辞めになったので、お店の店舗だった部分に正面玄関を造り、使ってなかった2階の部屋解体しを吹き抜けとしてリフォームしました。
 天窓を設け日差しが沢山入り込む明るい玄関になりました。)

住まいをチェック リフォーム ビフォーアフター

リフォームは、今までの住まいを活かしながらもっと快適に、もっと使いやすく等など、新しい生活の始まりです。
例えばリフォームで、写真のようなキッチンの対面式へのイメージチェンジも可能ですし、逆パターンもあります。
お客様の思い描いてるようにイメージチェンジできます。
「ウチは、こんな風には無理なんじゃない?」っと思ってあきらめないで、私たちに気持ちをぶつけて相談してみて下さい。
リフォームの前に住まいをチェックしてみてください。
 建物には、身近に感じる事のできる、いろんな症状が出ています。
良い症状であれば良いのですが
普段と何かが違うな~と感じたら、気にして欲しいです。
住まわれている人にしか感じられない違和感があるはずです。
 *まだ動くからギリギリまで・・・騙しながら・・・今年も大丈夫だったな~・・・なんてしてませんか?
  (何処か、別の部分が擦り減る可能性が大デス。周辺部が曲がってる等あります。)
 *なんだか、床がフカフカするけど、上がらない様に歩いていれば大丈夫・・・なんて事してませんか?
  (湿気による床材の腐れ、またはシロアリなどなどあります。)
 *結露が酷いけど、なんで? タオルでも置いとけばいいか~・・・なんて簡単に対策してませんか?
  (生活スタイルの変化? 最悪、水気が隙間から浸透し木が腐れる事もあります。)
 *外壁の色が一部だけ変色?
  (雨水の侵入、柱や土台の腐れがあることも…) ☆記載した事は、一例なのでソレが全てではありません。
 
上の例から一つ、一例をとりまして「外壁の色が一部変色してる」という一例から
右の写真のようになっていた現場です。
結果は、外から雨水が入り込み、内側の壁と外側の壁しか残ってませんでした。いわゆる、内外の壁だけで2階のチカラをなんとか支えている 柱のない骨無しの危険な状態です。シロアリの仕業ではなく湿気だけでもこんな事に・・・
 にじみ出ていた症状としては、外側の壁は、屋根の上の一部分が黒く変色し、内側はトイレの部分で、トイレにも症状が出ていました。それは、窓上の壁紙が黒くなったので、壁紙張替をしたそうです、しかし取り替えたばかりの壁紙が、数か月ではがれてきたとの事です。お客様としてみればトイレの内壁の壁紙だけと思いきやコンナ事もあるのです。
 ちなみに雨の流れる込んでくる道筋や入り込む経路は、屋根とは限らず現場の環境状態が変わるだけで、いろんな形や事例があります。
蓋を開けてみなければわからない事も沢山あるのですが、こわいですね。

また、違う現場の一例で左写真は、シロアリに食われた柱の断面です。外側を薄皮一枚残して中身を食べつくされています。(現場から外した柱を切断して箱に入れて並べて撮影)

 床下がジメジメと湿気っていたりすると危険でシロアリが寄って来たりします。酷い所では1階土台を食い尽くし柱を伝わって2階柱も食われていた現場もありました。こうなってしまうと住んでいる事も怖くて不安になってしまいます。他の部分にも影響を及ぼして大事にならないように、お住まいを見守ってください。
「修理・修繕」では済まない事にならないように早めの点検と対策を・・・
結構、まだ大丈夫と考えてる方が多いのが現状です、早めの点検・対処をしましょう。

屋根の向き変え、大規模なリフォーム
減築リフォームでスッキリ
和室を洋間風にリフォーム
和室の床のみフロアー敷きにリフォーム

「リフォーム」には様々なタイプがあります。
*「点検」:その名のとおり点検です。どんな状態か、対処は必要か?対策はあるか?等々です。
*「修理・修繕」:故障個所や破損部分をなおして快適に…その部分のみとか、大げさにしないような感じです。
*「減築」:建物が大き過ぎる・使っていない・敷地に空きスペースがない!等はありませんか? 思いきって「減築(げんちく)」する事も良い事です。
「せっかく建てたのにもったいないのでは?」ではなく、使わない方がもったいないのです。「減築」されたスペースは、【畑や趣味のスペースになったり、駐車スペースにもなる事もあります。また、冬季間処分に困る雪捨て場にもなりますね。】有効に活用出来たりします。また、使われていない部屋には危険があります! 誰もいない事を良いことに犯罪者の侵入経路や潜まれるケースもあるので視野に入れておきましょう。少し減らすだけで、日差しが入って来たり、見えなかった景色が変わってきます。
*「改築」:建物の一部を建て直したりします。
*「増築」:あれ?・・・減築を見た後にこちらを見ると・・・なんだ?って思われるかもしれませんが、家庭環境・家族構成・ライフスタイルの変化により違ってきますよね。家族が増えたり、お子さんが大きくなられたり、今の住まいが手狭など必要な方もおられます。そんな時は「増築」です。
今の住まいに階段をつけて「2階が欲しい」、美味しいビールが飲めるような「居間を広くしたい」、洗濯ものを干せる「ベランダ」、趣味を満喫できる「お部屋、書斎がほしい」、家族の顔がみえるような対面式の「キッチン」にしたい、「収納スペース」が欲しい、「ここ少しだけだけれど直したい。」などなど様々な希望を現実にしてみませんか?

新築、建て替えばかりが良い家とは限りません。

今の住まいの良い所を活かし、さらに長く付き合う事も大切な事です!!

長年の経験を活かし建物を蘇らせ今のお住まいを活かした、新しい生活をスタートしてみませんか?

リフォームも新築も、建物づくりの実績があります。

中古物件・中古住宅のリフォーム

宝の原石! 中古住宅のご案内。
そして、リフォームして、家族にあった住まいへ

リフォームの参考実績紹介

大事な家族と住まいを守るリフォーム。少しでもお役に立ちたい。

リフォーム実績の紹介ページです。

リフォームだけでなく新築実績もあります。

リフォームのノウハウは新築にも生かされております。

新築の実績はリフォームに通じています。どちらも、欠かすことは出来ません。

いろんな経験を積み重ね、もっと良い家を建てられるように。

たくさんの笑顔が見れたら幸いです。喜んでもらえるように、努力致します。

リフォームプラン以外の新築プランならコチラ

宍戸建設の家づくり、施工へのこだわり

やまがた県よねざわ市の

地元工務店だから拘りたい家づくりのカタチ

はじめての家づくり

  • はじめての家づくりで一番重要なこと
  • かしこい主婦の家計やりくり術
  • 同じ予算でいい家を建てるコツ

山形の家づくり

土地選びのコツ

住まいるドクター

木になる出来事マル秘ブログ

お問い合わせ

無料冊子進呈中!

S・Sホーム

置賜産の木でつくる家

トップへ戻る
お問い合わせはこちら